お客様の声

お知らせ通信制論理エンジンの販売は2016年3月末までとなります。
発売元の水王舎が3月末で通信制用の論理エンジンの販売を中止するためです。
4月以降は、他塾でも、通信制度はなくなると聞いております(在庫限り)。
(他塾の教室に行って論理エンジンを受講することは可能です)
論理エンジンを自宅で受講ご希望の方は、3月20日までにお申し込みください。指導期間は1年間ですが、当塾が続く限りは質問・添削依頼は受け付けます。
現在、当塾は「スカイプによる勉強法指導」に力を入れております。国語力や論理的思考力養成についても、論理エンジンと同等以上の効果のある方法も開発済みです。
ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。
勉強法&記憶法の指導内容についてはこちらをご参照ください。

論理的思考の大切さを痛感!(28歳会社員Aさん 愛知県)

早いもので、私が論理エンジンをはじめてから1年半以上が経過しています。私はもう学生ではありませんので、テストで点を取るためではなく、自分の思考力を磨くために論理エンジンに取り組んできました。そのような私が、論理エンジンを学習してどのような変化をしたか思いつくままに挙げます。

文章の「木」も「森」も見えるようになった

必要に応じて文章の1字1句を分析するような正確性と、文章全体を確実に把握する能力を向上させることができました。言い換えれば、「読解力」に相当な自信がついたということですが、それはそのまま「作文力」の自信へとつながっているので、文章を書くことも得意になったと感じています。

「国語」という科目の意義、そして他教科との関連がわかるようになった

小学生以来、自分が国語という科目でいったい何を勉強してきたのかを理解できるようになりました。というのも、振り返って考えてみると、実はその学習内容の随所に「正確に文章を理解する」ためのポイントが散りばめられていたと思うからです。しかしながら、当時それらを意識できないまま、なんとなく授業時間を過ごしてきた自分にとって、この点に気づくことができたのは、紛れもなく論理エンジンのおかげだと思っています。

また、国語力がいかに他教科と深く関連しているかについても考えさせられました。私たちはどのような科目・分野においても、結局のところ日本語で物事を考えます。よって、国語力の向上は総合的な思考力の向上につながるのだと思います。

さらに「論理的に物事を考える」という点においては、評論文を読解することと数学の問題を解くことはとても似通った行為だと感じるようにもなりました。たとえば受験生は、よく「文系の私立大学に進むから国語と英語だけ勉強すればいいや」という考え方をしますが、「捨て科目」をつくることは総合的な思考力を鈍らせると思います。学生の方々には、論理エンジンで磨いた論理力をぜひ他教科にも活かしてもらいたいです。

「論理的思考」の大切さを痛感!

本やニュースなどからポイントを的確に学び取る力も、それら学んだことを自分の頭で考え直して自分の生活に活かしていく力も、突き詰めればすべて根本には「論理的思考力」があると言えます。つまり「論理的思考力」を養える論理エンジンは、「人間としての総合的な力」を伸ばすことのできる教材なのです。だからこそ私は愛用してきましたし、これからもその力とともに人生を歩んでいきたいと思っています。

本の読み方が変わった!(31歳会社員Aさん 栃木県)

現在は、OS4(4冊目)を一通り解いて復習しているところです。文法編も一通り2回ずつ解きました。論理エンジンを実践することで気づいたのは、本を読むスピードが上がったことです。もう少し厳密に言えば、本に書いてある内容をどれだけ切り捨てて必要なところを残すかという点です。

受講する前は、本に書いてある内容をすべて理解しないといけないと思っていました。しかし、今は要点だけ理解すれば十分、そしてその部分をすぐに判断できるようになりました。その結果、本を読むスピードが上がったんです。これから教材のレベルが今以上に難しくなりますが、少しずつ進めていきたいと思います。

上司に論理的に説明するために(40歳会社員Tさん 東京都)

いつもメールマガジン拝読しております。3月初旬に論理エンジンを購入したTです。社会人です。働きながらコツコツ勉強しております。レベル25まで学習し終わったところです。誠に勝手ですが、進捗状況をお知らせしようと思いメールしました。まずは背景から。

論理的思考の原点について

昨年、上司が交代しました。新しい上司は、非常に理路整然とした話し方をなさる方で、因果関係、前後関係がはっきりしない私の業務報告に対して、露骨に嫌な顔をなさる正直な方でもありました。どうしたら上司のような論理的な話し方ができるのかを模索していた中で論理エンジンに出会いました。

これまで論理エンジンを勉強してみて一番身にしみてわかってきたのは、文と文がどんな関係でつながっているのかを意識することの重要性です。原因と結果なのか、抽象と具象なのか、対比なのかといったことを意識しながら文章全体を構造的に把握していくことが論理的思考の原点であることが体感できました。特に接続詞の重要性に関しては、目からウロコが落ちる思いでした。振り返ってみると、私は話の中で接続詞を正しく使っていなかったことを痛感しました。脳の使い方が変わってきたような気がします。さらに勉強を進めてまいります。

効率的な勉強法について

メールマガジンでご紹介いただいた内藤勝之さんの『中学生の自宅学習法』を購入し、読んでみました。実は以前から米国公認会計士の資格を取りたいと思っていたのですが、試験範囲が広いということと、働きながら勉強の時間を確保できるか、ということに不安を感じており、踏み込めずにおりました。しかし内藤先生の本を読んで、この方法で勉強すれば、効率よく確実に合格できそうだと確信しました。

1年というタイムラインを設定し、その中で復習を繰返しながら知識をビルドアップしていけば、合格も夢ではないと思えるようになりました。良書をご紹介くださいましてありがとうございます。

東大合格体験記~論理エンジンのおかげで全教科を武器にして戦えました!(東京都Tさん 東京大学理科一類1年生)

論理エンジンのおかげで、全教科を武器にして戦えました!

こんにちは。以前、創賢塾で論理エンジンを受講していたTと申します。あれから1年、私は東京大学(理科一類)に合格できました。論理エンジンのおかげで、全教科を武器にして戦えました。特に国語は、センターが182/200点、2次試験が53/80点と自分でも大満足の結果でした。本当に論理エンジンをやってよかったと思います。ありがとうございました。

苦手な国語を克服したくて受講を決意

私は、小学校の頃から国語が苦手で、どうにかしなければと思い、高校1年の終わり頃に論理エンジンをはじめました。その頃は勉強もあまり忙しくなかったので、ほぼ毎日1時間以上論理エンジンに取り組んでいました。はじめは小中学生レベルの問題でしたが、文章の読み方、論理の扱い方をわかりやすく教えてくれるので、飽きることなく進められました。

OS5(5冊目、41レベル~)に取りかかるようになった頃、はじめて論理エンジンの効果が出てきたように思います。大学入試レベルのやや難しい論説文の内容も十分に理解できるようになっていたのです。OS5までの論理エンジンで扱っていた文章よりもはるかに難しいのに、不思議と内容がつかめたのです。そこから、ますますやる気が出てきて順調に論理エンジンを進め、高校3年のはじめにやっと全問題を終えたわけです。

国語の偏差値が70を突破!

(1)国語

それまで偏差値50台後半くらいだったのが、徐々に上がり、高3の頃には70を突破していました。実際のところ、記述問題では、何を書けばいいのかがわかるようになり、実力アップを実感していました。国語への苦手意識は消え、気づけば国語が得点源になっていたのです。

(2)他教科

他教科の教科書はほとんど「文章で」説明がなされています。国語力が上がると教科書を読み解く力も上がり、他教科の成績にも好影響を与えるのは当然ですね。私の場合、学んだ知識が頭の中でスッキリと整理されるようになり、それが快感だったのを覚えています。通常の全国模試では、だいたいどの教科も偏差値70をキープできており、また東大模試では60台後半から70あたりでした。私は全教科を武器にして大学合格を勝ち取ったのです。

(3)独学の力

大学に入って「独学の力」が大切だとつくづく思います。講義で学べることは限られていますから、結局のところ自分で学ぶことが非常に重要になります。何かを学ぶには、それに関する文章を読まなければならないので、文章を論理的に読み解く力がなければ独学ができません。私は高校2年の夏休みに「化学II」をすべて独学で学びました。論理エンジンの効果は絶大です。

論理エンジンは論理的思考力を磨く、魔法のような教材です。

論理エンジンは、思考に関する能力を総合的に上げてくれる魔法のような教材です。論理エンジンで身につけた力は、これから先、さまざまな場面(プレゼン、ディベートなど)で役立つと思います。

本当に論理エンジンをやってよかったです。

志望中学に見事合格!! 悩みの国語が論理エンジンで上位に安定(Kさん 神戸市)

悩みの国語が論理エンジンで上位安定し、志望中学に見事合格!

今回は、現在新中学1年の息子についての体験談をお知らせします。息子は小学4年より大手塾に通いはじめ、中学受験を目指していましたが、算数の成績が安定して偏差値60を超えていたのに比べ、国語の偏差値は50~60程度と波が大きく、悩みの種でした。算数と違い、国語は何を勉強したら成績アップにつながるのかわからず困っていたのです。

そんなとき、偶然に論理エンジンの体験談を目にしました。さっそく創賢塾で論理エンジンを購入し、5年生の4月頃からはじめ、1年間少しずつ進めていきました。6年になってからは、塾のカリキュラムがきつくなったこともあり、論理エンジンの演習はできなかったのですが、読み方が定着していたようで、国語の偏差値は60から65程度と安定していました。

それ以降、国語に関してはどこの過去問を解いても、合格点を上回るだけの力がついていましたので、他の教科に時間を割くことができたのです。受験前の追い込みもうまくいき、志望校の合格を勝ち取ることができました。

息子の経験から、国語に関してはなるべく早い時期に論理的な読み方を身につけ、得点源として安定させておくことが中学受験の対策には非常に有効なのではないかと感じました。

1~2ヶ月で国語偏差値が30もアップし、第1志望校に合格しました!(高校受験生Tさん 神奈川県)

おかげさまで、愚息(以後、彼)も何とか高校受験を無事終わらせることができました。これもすべて論理エンジンのおかげであると感謝しております。

国語の偏差値は23だった。

彼に本カリキュラムをやらせようと思ったきっかけは、高校受験のための塾(SAPIX)で受けた国語の模試の結果を見たときでした。通常、偏差値は25~75の間で推移すると思っていたのですが彼の結果はなんと“23”という、かなりショッキングな値でした。最初は何かの間違いかな?と思った(思いたかった?)のですが、その後の成績もほとんど同じようなものでした。

親としては「いつかは上がるだろう」と信じたかったのですが、国語以外の科目も同じように成績が低迷……。かなり困惑しておりました。また塾の懇談会においては、先生から「国語力が不足により問題の趣旨が理解できず他教科にも影響している」「今後の実力アップは読解力次第」「厳しい道程になる」などと指摘されました。

1~2ヶ月で国語の偏差値が30アップ!

このようなことをきっかけに何か方策はないかと思案していたところ、偶然にもインターネットで創賢塾のホームページ(本カリキュラム)を見つけました。「藁(わら)をもつかむ心境」でしたので、すぐに申込みました。

教材はすぐに届き、疑心暗鬼の心境で取り組ませたのですが、信じられないことに、国語の偏差値は1~2ヶ月程度で23から55へと一気に上昇しました。

国語以外の科目も成績がアップ。第1志望校に見事合格しました!!

国語の偏差値が50以上になってからは、目を見張るような上昇はなかったのですが、同じような上昇が他の科目にも波及してまいりました。特に数学の文章題を解くレベルが上がりました。たぶんそれまでは、題意を理解できていなかったのではないかと思います。数学の偏差値は45から55に上がりました。

本人にも尋ねたのですが、理由は2つあるようです。1つは、読解力が上昇したことにより問題の主旨が明確になったこと、2つ目はそれまで自信がなかった国語ができるようになり、他の科目に対しても意欲的に取り組めるようになったとのことです。

おかげさまで、第1希望の大学附属高校に合格することができました。本当にありがとうございました。今後とも愚息のようなできない子供たちを救ってくださるよう頑張ってください。感謝とともに深く御礼申し上げます。